札幌で人気の矯正歯科おすすめリスト! » あなたに合った歯科矯正治療の種類とは? » 小児矯正

小児矯正

子どもの歯科矯正(小児矯正)について、治療の種類やメリット・デメリット、費用・料金の相場などをまとめて紹介します。

小児矯正は6歳~14歳が最適

歯科矯正は可能な限り早い時期、特に子どもの頃に治療を受けた方がよいといわれます。特に、永久歯に生え変わる6歳~14歳くらいまでは、あごの骨も形成される時期。そのため、あごの成長もコントロールしながら歯列矯正をすることで、受け口や出っ歯なども骨が完全に固まる前に治療できるのです。

一方で、永久歯に生え変わるまでは経過観察が必要なため、大人より治療期間は長くなる傾向があります。

矯正器具・補助装置について

小児矯正では、大人の矯正とは違う器具を使うことがあります。あごの骨の成長もコントロールしながら歯科矯正をしていくことから、さまざまな種類の補助装置が用意されているのです。

例えば、「ヘッドギア」と呼ばれる器具は、上あごの成長を抑えて出っ歯になるのを防いだり、奥歯を固定するために用いられます。逆に下あごの成長を抑えて受け口になるのを防ぐための、「チンキャップ」や「フェイシャルマスク」と呼ばれる器具もあります。

いずれの器具も自分で脱着が可能ですが、医師の定めた装着時間(個人差はありますが、1日10~12時間の装着が必要)を守らなければ矯正に影響が出ることがありますので、用法を守ることが大切です。

小児矯正のメリット・デメリット

メリット
  • 骨の成長が止まる成人前に、理想的な歯並びを実現しやすい
  • あごの成長もコントロールできるため、無理なく矯正できる
  • 抜歯が必要なケースが少ない
デメリット
  • すべての歯が永久歯に生え変わるまでは、経過観察が必要なため、治療期間が長くなる
  • 医師が指定した装着時間を守らないと、治療期間が延びる
  • あごの骨もコントロールするため、見た目の印象が変わることもある

小児矯正の治療期間

小児矯正の治療期間は永久歯に生え変わる前の「第一期治療」と、永久歯に生え変わった後の「第二期治療」に分けられます。

第一期治療(6~12歳くらい)の治療期間は1年弱~1年半くらいが目安です。なお、経過観察として第二期でも診察が必要になるケースもあります。第二期治療(12歳~14歳)では、大人と同じ矯正方法を採用することもあり、治療期間は1年半~2年半が目安とされます。

小児矯正の価格相場

歯並びの状態など症状にもよりますが、第一期治療では約20万円~60万円(第二期治療も含む)、第二期治療では約25万円~65万円が相場です。

早いうちから始めるとそれだけ矯正期間が長くなりますが、コスト的にはそれほど変わりませんし、第二期治療が不要なケースも多々あります。何はともあれ、永久歯が生え始める小学校低学年のうちから始めるのが妥当でしょう。

札幌で人気のオススメ矯正歯科クリニックをピックアップ!>>
Copyright 札幌で人気の矯正歯科おすすめリスト. All rights reserved.

▲ PAGE TOP