札幌で人気の矯正歯科おすすめリスト! » 歯並びが悪いと起こり得ること » 発音不良

発音不良

歯並びが悪いと、発音がうまくできないといった症例があります。歯並びと発音の関係と具体的な症例について紹介します。

歯並びと発音の関係

言葉は母音と子音によって成り立っていますおり、このうち子音には舌を歯の裏側にくっつけて発音するものがあります。歯並びが悪い人は、歯の裏側に舌をくっつけることができず、発音に影響が出てしまうことがあります。

また前歯に隙間がある開咬や、前歯が前に出ている出っ歯の人は、発音する際に空気が歯の隙間から漏れてしまい、うまく発音できないといったケースも多々あります。

噛み合わせが原因でうまく発音できない言葉

歯並びが悪い人が発音しずらい言葉は、主にさ行、た行、な行、ら行です。これらの子音は、舌を歯の裏側にくっつけて発音するもの。とりわけ、さ行は下あごが前に出ている受け口や前歯が閉じない開咬などの人も発音しづらい言葉と言われています。

また、前歯が突き出している人や、上あごが突き出た上顎前突の人は、ま行が発音しにくいと言われます。ま行を発音するためには上下の唇をくっつけてなければいけないため、唇が閉じにくい人は発音に影響が出るのです。

ちなみに、日本語だけでなく英語など他の国の言葉も、同じように発音がしづらいものがあります。英語の場合、sやthが含まれる言葉だと歯並びの悪い人はうまく発音できないのです。sやthが含まれる言葉は、英単語にはたくさんあります。こうした理由から、英語圏のほうが日本より歯科矯正が盛んになったといわれています。

歯並びを改善して発音をよくする

歯科矯正で歯並びを改善することで、発音も明瞭になります。歯並びのタイプによって発音しずらい子音が違いますから、それぞれに応じた矯正が必要です。

例えば、すきっ歯の人ならワイヤー矯正やマウスピース矯正などで、前歯が大きく出ている方はセラミック矯正などで歯を削るのも方策のひとつ。さまざまな施術ができるクリニックに行けば、歯並びが悪いことで生じた発音に関する悩みを解決できるでしょう。

札幌で人気のオススメ矯正歯科クリニックをピックアップ!>>
Copyright 札幌で人気の矯正歯科おすすめリスト. All rights reserved.

▲ PAGE TOP