札幌で人気の矯正歯科おすすめリスト! » 歯並びが悪いと起こり得ること » 虫歯・歯周病

虫歯・歯周病

歯並びが悪い状態を放置しておくと、虫歯や歯周病の原因になるおそれがあります。その理由と虫歯や歯周病になりやすい歯並びの例など紹介します。

虫歯・歯周病と歯並びの関係とは?

みなさんは毎日欠かさず歯磨きしていますか?歯磨きを怠ると、プラーク(歯垢)が溜まり、虫歯や歯周病といったお口のトラブルを引き起こす原因となります。

歯並びが良い人でもプラークを取り除けなければ、トラブルのリスクが高くなりますので、歯と歯が重なっているなど歯並びが悪い人は、さらにそのリスクが高くなります。

虫歯や歯周病になりやすい歯並びとは

特に気を付けて歯磨きをしなければ、虫歯や歯周病のリスクが高くなる歯並びがあります。

デコボコな歯並び(乱杭歯、叢生)

歯と歯が重なり合っていたり、糸切り歯などが極端に突出(八重歯)している歯並びです。専門的には、乱杭歯(らんぐいば)や叢生(そうせい)と言われます。

このような歯並びの場合、歯の生え際や裏側、歯と歯の隙間など、プラークが溜まりやすい箇所のブラッシングが難しく、虫歯や歯周病のリスクが高いのです。

口内用の鏡や小さい歯ブラシを使って丁寧に磨くことで、リスクを抑えられます。

前歯が突き出している(出っ歯)

前歯が極端に突き出ている歯並びです。このような方の場合、前歯が乾燥しやすいことで歯の再石灰化ができなくなり、虫歯のリスクが高くなります。

また、唾液が歯に着きにくいので、プラークが流されず、細菌も繁殖しやすくなってしまうことも、虫歯リスクを高めます。

さらに歯茎が乾燥することで歯茎が腫れ、歯周病を引き起こすこともあります。

下顎が前に出ている(受け口)

口を閉じたときに、上の歯より下の歯が外側に出ている噛み合わせです。この噛み合わせの場合、特に上の奥歯までブラシが届かないことがあり、プラークが溜まりやすく、虫歯の危険性が高くなってしまいます。

また、噛み合わせのバランスが悪いので、歯茎などが痛みやすく、歯周病のリスクも高まります。

歯並びを治せば虫歯や歯周病のリスクを抑えられる

いずれの歯並び・噛み合わせも、歯を1本ずつ隣の歯との隙間までも丁寧にブラッシング出来れば、自然とリスクは低くなります。そのためには何らかの矯正治療が必要です。

歯並びや噛み合わせが悪い方、口の中に1か所でも磨きにくい箇所がある方は、一度、歯科矯正を検討してみてはいかがですか?

札幌で人気のオススメ矯正歯科クリニックをピックアップ!>>
Copyright 札幌で人気の矯正歯科おすすめリスト. All rights reserved.

▲ PAGE TOP