札幌で人気の矯正歯科おすすめリスト! » 歯並びが悪いと起こり得ること » 外見へのコンプレックス

外見へのコンプレックス

歯並びが悪いことが原因で、顔に歪みが生じて人相が悪く見えたり、笑顔に自信が持てないなど外見へのコンプレックスを感じている方も多いのではないでしょうか。ここでは、歯並びと顔の歪みとの関係について紹介します。

歯並びと顔つきの関係

「歯並びが悪いから人前で笑顔を見せるのが苦手だ」というコンプレックスを持っている方も多いのではないでしょうか。こうした悩みを抱えている人は、普段の顔つきにも不満を感じている場合が多いようです。

一般的に人の顔つきを決めるのは骨格と言われており、歯並びも顔つきに大きな影響を与えています。歯並びが悪いと、噛み合わせにずれが生じるだけでなく、あごの位置も歪みが生じてしまうことがあります。このため、不満そうな顔つきに見えたり、年齢よりも老けて見えたりすることがあるのです。

女性の場合、歯並びが悪いことでメイクに時間がかかるなど、日々のお手入れにかんして悩みを持っている方も多いようです。

歯並びの悪さは顔の表情筋にも影響が?

人の顔には、表情をつくるのに重要な表情筋がいくつも存在します。その中でも歯並びと関係が深い筋肉を紹介します。

口輪筋

唇まわりにある表情筋です。前歯が突き出している出っ歯の人は、この表情筋がいつも緩んだ状態と言えます。力を入れてないと口が閉じにくいため、いつも口が開いているように見えてしまいます。

オトガイ筋

あごの部分にある表情筋です。歯を食いしばると上下の歯に隙間が生じる開咬の人は、この表情筋がこわばっている傾向にあります。下あごが前に突き出て見えるため、文句を言いたげな表情に思われてしまいます。

大頬骨筋

俗に「スマイル筋」とも呼ばれ、口の周りから頬の上を通る、こめかみ付近まで続く表情筋です。歯並びが悪いと表情筋が動きにくくなり、笑顔でも笑顔に見えない状況になります。

歯並びを矯正してコンプレックスを解消

噛み合わせや歯並びを矯正することで、口元の歪みが解消されて顔のバランスが良くなります。また、上記やそれ以外の表情筋の活性化につながり、笑顔にも自信が持てるようになります。特に、あごのラインや口角の上がり方が改善され、素敵な笑顔に見えるのです。

歯並びが原因で笑顔に自信を持てない方は、歯科矯正を試してみませんか。きっと、違った世界が広がると思いますよ!

札幌で人気のオススメ矯正歯科クリニックをピックアップ!>>
Copyright 札幌で人気の矯正歯科おすすめリスト. All rights reserved.

▲ PAGE TOP