札幌で人気の矯正歯科おすすめリスト! » 歯並びが悪いと起こり得ること

歯並びが悪いと起こり得ること

歯並びや噛み合わせが悪いことが、原因と考えられる症状や病気などを、まとめて紹介しています。

その症状、歯並びが悪いことが原因かも?

歯並びと密接にかかわっている病気と言えば、虫歯や歯周病など口のなかの症例が思い浮かびます。実際、歯並びが悪い人は上手に歯を磨けないため、虫歯や歯周病になりやすいのです。

しかし、歯並びの悪さがもたらす症状や病気は、口の中だけに留まりません。

例えば、「発音不良」。特に「サ行」がうまく発音できない方は、歯並びが原因とされています。ただ、歯並びのタイプによっては「タ行」や「マ行」がうまく発音できないという方もいるようです。

また、歯並びが原因で顔が歪んで見えてしまうこともあるため、「外見へのコンプレックス」にお悩みの方もいらっしゃるでしょう。

このほかにも、噛み合わせが悪いことで引き起こされることに「消化不良」があります。消化不良は胃や腸に負担をかけることが原因で、そのまま続くと胃炎や胃潰瘍(いかいよう)といった病気になるケースもあります。

さらに、歯並びや噛み合わせの不良は、あごの負担が増加するので「顎関節症」の原因にもなります。あごは筋肉や神経が集中する場所でもあります。あごにある筋肉や神経に影響を与えることで、偏頭痛や耳鳴り、肩こりや首筋の痛みなどの症状に発展することもあるのです。

歯並びを改善することで、こうした症状や病気の予防につながる可能性もあります。

そこで、どういった歯並びの人がこうした症状のリスクを持ち合わせているのか、症状や病気と歯並びや噛み合わせとの関係を調べました。もしかしたら、あなたを悩ませている症状の原因は、歯並びにあるかもしれませんよ。

札幌で人気のオススメ矯正歯科クリニックをピックアップ!>>
Copyright 札幌で人気の矯正歯科おすすめリスト. All rights reserved.

▲ PAGE TOP