札幌で人気の矯正歯科おすすめリスト! » 症状別 悪い歯並びの治し方 » 歯がデコボコに生えている

歯がデコボコに生えている

歯並びがデコボコな状態の「乱杭歯(らんぐいば)」。その原因と適切な治し方、また乱杭歯予防につながる生活習慣について紹介します。

歯並びがデコボコになる理由

前歯の一部が隣の歯に重なって生えていたり八重歯が極端に突出していたりと、歯並びがデコボコな状態のことを「乱杭歯」あるいは「叢生(そうせい)」と言われます。

乱杭歯は、あごのスペースに対して1本1本の歯が大きく、きちんと並びきれないために起こるものです。乳歯のときは歯並びがよくても、永久歯が生え始めると歯並びがデコボコになるというケースも多いため、歯が生え変わる年長~小学校低学年に多い症例でもあります。

噛まずに食べられる食事・間食にも原因が

乱杭歯になる一因に、幼少期にあごがしっかり成長していないことが挙げられます。スナック菓子や噛まなくても食べられるような食事が多いと、時間をかけて噛まなくても飲み込めるため、あごがしっかり成長しないことがあります。

それに対して、永久歯が通常の大きさで生えてくると隣の歯が邪魔になって歯並びがデコボコになるのです。

また、虫歯になった歯を抜いたことで、隣の歯が隙間を埋めようと寄ってくることも乱杭歯の一因とされています。

デコボコ歯並びの治し方とは?

ワイヤー矯正

歯の表面にブラケットと呼ばれる装置を装着し、ワイヤーでそれぞれのブラケットを連結させて歯を動かします。

舌側矯正

ワイヤー矯正と同じく、ブラケットとワイヤーを用いて矯正します。歯の裏側に装着するので、装置が目立ちません。

マウスピース矯正

デコボコ具合が軽度な場合は、食事の際に簡単に取り外せるマウスピースを用いるケースがあります。マウスピースは薄くて透明な樹脂でできているため、見た目は矯正しているとは気づかれにくいことが特徴です。

セラミック矯正

矯正というよりは被せものに近いイメージです。歯を削って小さくした後、セラミック製の人工歯をかぶせたり貼り付ける方法です。短時間で完了するので、時間が無い方におすすめです。

治療期間はデコボコ具合にもよりますが、装置が外れるまでにおおむね1年~2年半ほどが必要です。第2次成長期を過ぎてあごの成長が止まると、歯並びによっては抜歯が必要なこともあります。

乱杭歯を防ぐには?

幼少期によく噛んで食べる習慣を身につけることが大切。特に、固い物や簡単に噛み潰せない物を積極的に食べさせて、あごの成長を促すよう努めましょう。

また、虫歯などの抜歯が乱杭歯の一因になることもありますので、虫歯にならないようきちんとケアすることも大切です。

札幌で人気のオススメ矯正歯科クリニックをピックアップ!>>
Copyright 札幌で人気の矯正歯科おすすめリスト. All rights reserved.

▲ PAGE TOP