札幌で人気の矯正歯科おすすめリスト! » 症状別 悪い歯並びの治し方 » 前歯が閉じない

前歯が閉じない

上下の歯に隙間が生じて噛み合わせが悪くなる「開咬(かいこう)」について、その原因や適切な直し方を紹介します。また、開咬の予防につながる生活習慣の注意点も案内します。

開咬になる理由

開咬とは主に前歯に見られる不正咬合で、奥歯が噛み合っても前歯が噛み合わない状態をいいます。食べ物を噛むのは常に奥歯になり、奥歯の負担やあごの骨を痛める原因にもなります。また、話すときには発音に問題が生じることもあります。

原因としては遺伝的要因が大きいと考えられます。両親のどちらかが開咬だと、非常に高い確率でお子さんも開咬になるでしょう。このほか、幼少期に指しゃぶりが多かった、舌を出したり前歯に押し付けたりする癖なども開咬の原因とされています。

開咬は虫歯や歯周病につながることも

前歯がしっかり噛み合わない開咬の人は、常に口が少し開いた状態であり、口呼吸になりがちです。口呼吸が多いと、口の中が乾燥しやすくなり、唾液も出にくくなってしまうため、虫歯や歯周病を引き起こしやすくなってしまいます。それだけではなく、免疫力の低下にもつながります。

また、口先を尖らせているように見えることから、コンプレックスを抱くことにもつながります。

開咬の治し方とは?

ワイヤー矯正

ブラケットとワイヤーを歯に装着し、適切な位置へ動かすことで、開咬を治療します。

舌側矯正

ワイヤー矯正と同様の装置を歯の裏側に装着します。外からは矯正装置が見えにくいので、一見すると矯正治療中には見えません。

開咬自体はこれらの矯正方法で治療できますが、舌が原因になっている場合には舌の癖を治すことが先決です。最近では「タンガード」という舌を抑える装置や、舌の位置を治すために舌の筋肉を鍛えるといった方法もあります。

治療期間の目安は、矯正装置が外れるまでがおおよそ2年ほど必要です。

開咬を防ぐには?

遺伝的な要因が大きい場合は、歯列矯正の治療を受ける以外にはありません。幼児期の指しゃぶりや舌の癖が原因の場合、それらの原因を取り除くことで、開咬を防げる可能性があります。

心配な場合は近くの歯科クリニックで相談すると良いでしょう。

札幌で人気のオススメ矯正歯科クリニックをピックアップ!>>
Copyright 札幌で人気の矯正歯科おすすめリスト. All rights reserved.

▲ PAGE TOP