札幌で人気の矯正歯科おすすめリスト! » 症状別 悪い歯並びの治し方 » 八重歯がある

八重歯がある

歯並びが悪いと牙のように見えてしまう「八重歯」。八重歯が目立つ原因と適切な治し方、また八重歯が目立たないような生活習慣のポイントについて紹介します。

八重歯が目立つ理由

八重歯がチャームポイントという方も多いですが、歯並びが悪いと牙のように見えたり他の歯より出っ張って見えたりとウィークポイントでしかありませんよね。

八重歯が目立ってしまう原因は、あごの発達が未熟なため歯と歯の隙間が狭くなることが挙げられます。狭いスペースに無理やり生えてくるので、出っ張ったりねじれたりして目立つ八重歯となるのです。このように乱れた歯並びになることを、「不正咬合(ふせいこうごう)」といいます。

また、乳歯から永久歯に生え変わる際に隣の歯が邪魔をしたり、乳歯が虫歯などで抜いて隙間が生じ隣の歯がその隙間を埋めようと寄ってきたりして不正咬合になるケースもあります。

目立つ八重歯の治し方とは?

ワイヤー矯正

ブラケットとワイヤーで歯を適正な位置に矯正する方法です。矯正する際に隣の歯が邪魔になる場合は、その歯(八重歯の奥隣にある歯)を抜いてスペースを作り矯正します。

舌側矯正

ワイヤー矯正と同じしくみですが、舌側矯正は歯の内側にブラケットを装着します。ワイヤー矯正は表側に装着するため目立ちますが、舌側矯正は歯の内側に装着するため治療中も目立ちません。

マウスピース矯正

歯並びの乱れが軽度な場合に用いられる矯正法です。上の八重歯を部分矯正する場合、歯を削って小さくしてから矯正することもあります。

矯正治療をする場合、抜歯の対象となるのは八重歯ではなく、八重歯の後ろによりもひとつ奥に生えている小臼歯を抜くのが一般的です。これは多くのケースで犬歯(糸切り歯)が八重歯となるからです。犬歯は他の歯よりも長く、抜けることもない歯であるため、この歯を抜いてしまうと顎を動かすのに障害が出る可能性もあるのです。

八重歯を目立たなくする習慣とは?

八重歯はどうしても目立ってしまうため、歯並びを改善することが大切です。幼少期に固いものを積極的に食べて顎を動かすことで、顎の骨の成長が促されます。

また、間接的に八重歯を引き起こす要因として、上でも挙げている乳歯の虫歯にも、充分に気を付けたいですね。

札幌で人気のオススメ矯正歯科クリニックをピックアップ!>>
Copyright 札幌で人気の矯正歯科おすすめリスト. All rights reserved.

▲ PAGE TOP