札幌で人気の矯正歯科おすすめリスト! » 症状別 悪い歯並びの治し方 » 噛み合わせが深い

噛み合わせが深い

歯を噛み合わせた際、上の前歯で下の歯が見えなくなる「噛み合わせが深い状態」。その原因と適切な治し方、また予防につながる生活習慣について紹介します。

噛み合わせが深い「過蓋咬合」とは

口を閉じた際に噛み合わせが深い状態、上の前歯で下の歯が隠れてしまう噛み合わせのことを、過蓋咬合(かがいこうごう)といいます。自分では気づきにくい症例で、歯科検診などで診断されて知る方も多いようです。

症状としては、下の前歯が上の歯茎を傷つけて出血する、歯周病になりやすいなど。歯茎に悪い影響を与える歯並びでもありますから、早めに治療した方がよいでしょう。

噛み合わせが深くなる理由

過蓋咬合の原因は、骨格やあごの関節の異常と考えられています。遺伝的な要素が大きく、両親の顎や歯が大きいと高確率で見られる噛み合わせです。上あごが大きくて下あごが小さい人や、あごの骨が未発達の人などに多く見られます。

また、あごの関節の位置がずれているケースや、下のあごだけ後ろに下がっているケースなどもあります。

先天的ではないケースとしては、奥歯を失った人がなりやすいことが挙げられます。虫歯などで奥歯を抜歯すると噛み合わせが悪くなり、前歯の噛み合わせが深くなるのです。

過蓋咬合の治し方とは?

ワイヤー矯正

一般的な歯科矯正方法。奥歯を抜き前歯を内側へ移動させるのと、奥歯の噛み合わせを高くする矯正を行います。

舌側矯正

ブランケットを歯の内側に装着する方法。ワイヤー矯正(外側に器具を付ける方法)だと目立ってしまいますが、舌側矯正は内側なので目立ちません。

症状にもよりますが、過蓋咬合は上下のあご全体を矯正してから歯科矯正を行うケースがほとんどです。一例として、あごの関節に異常がある方や上下のあごの大きさが著しく違う方には外科手術が必要になる場合もあります。

過蓋咬合で悩んでいる方は、矯正を行う前にクリニックで相談してみましょう。なお、治療期間は歯科矯正のみで完治する場合は2年が目安です。

過蓋咬合を防ぐには?

上記で説明したように先天的ではないケースとして、虫歯で奥歯を抜歯したことが原因で過蓋咬合になることがあります。虫歯にならないよう、歯のケアをきちんとすることが大切です。

遺伝要素の強い症状ですので、ご自身が過蓋咬合であることがわかったら、いち早く治療を受けることが大事です。

札幌で人気のオススメ矯正歯科クリニックをピックアップ!>>
Copyright 札幌で人気の矯正歯科おすすめリスト. All rights reserved.

▲ PAGE TOP