札幌で人気の矯正歯科おすすめリスト! » 症状別 悪い歯並びの治し方

症状別 悪い歯並びの治し方

気になる歯並びを、症状別にその原因と適切な治し方をまとめています。

歯並びごとの適切な治し方とは

何かと気になる歯並び。コンプレクッスを抱いている方も多いと思います。

例えば、歯並びがデコボコだったり、歯と歯の間が広い方は、口元が気になって人前で笑えないということはありませんか。

また、出っ歯や受け口の方は、横を向くと口先が出てしまって見えるので、輪郭そのものにコンプレックスを感じているのではないでしょうか。

現代ではこのようなコンプレックスも、歯科矯正の治療を受けることで解消できる時代なのです。

ここでは、歯並び・噛み合わせの症例を7つピックアップし、それぞれの症状に合わせた矯正治療の方法を紹介しています。

歯並びの悪さは生活習慣にも原因が

一般的に、歯並びや噛み合わせは遺伝的な要素が多いと言われています。例えば、出っ歯や受け口の方は、両親のどちらかが出っ歯だったり受け口だったりと、同じ症例であることが多いのです。

その一方で、幼少期の生活習慣や舌の癖が、歯列の凹凸を増やし、噛み合わせの不備を作る原因になっている場合もあります。

歯並びがデコボコな状態の「乱杭歯」や、歯の隙間が目立つ「すきっ歯」などは、努力をすれば確実に防げるのです。

歯並びが悪くなる生活習慣や癖とはどんなものなのでしょうか。

ここでは、噛み合わせや歯並びが悪くならないための予防法や、注意点についても案内しています。

お子さんの歯並びが気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

札幌で人気のオススメ矯正歯科クリニックをピックアップ!>>
Copyright 札幌で人気の矯正歯科おすすめリスト. All rights reserved.

▲ PAGE TOP